home
こんな人におすすめ
肝斑にも効果はある?

肝斑とは、更年期の頃から目の下・両頬に左右対称に現れるシミの様なものです。

原因はハッキリと特定されていませんが、女性ホルモンとかかわりがあると考えられています。

精神的・肉体的ストレスの負担が大きいと濃くなることから、ストレスも大敵であるといえそうです。

肝斑と通常のシミの違いは、目の下に左右対称で出ること、輪郭がハッキリせずもやもやとしたものであることです。

 

時間がかかるが、一定の結果は出ています

肝斑はレーザー治療では治療できず、飲み薬が良いとされてきましたが、フォトフェイシャルでの治療も行われています。

美容皮膚科の術前後写真を見るかぎり、時間はかかるけど少しずつ薄くなる効果はみられるようですね。

レーザーとフォトフェイシャルは見た感じが似ているため、レーザーで効果がないと分かっているのに、フォトフェイシャルでは効果がある、というのは不思議な感じがしますよね。

でもレーザーとフォトフェイシャルでは利用する光線が違うため、そういったことも起きるのでしょう。

 

しかし顔の治療は失敗するとダメージが大きいものです。自己流ではじめるのではなく、ぜひ美容皮膚科での治療を検討してほしいですね。

家庭用脱毛器に美顔機能がついているものがあり、肝斑にも使えるのですが、濃さや範囲によっては効果を感じられないかもしれません。

また、早く効果をと考えるあまり、強い光を当ててしまいダメージにつながる可能性もあります。

肝斑が出る位置は目の近くでもあるので、より注意が必要です。

ぜひ慎重に検討したいものです。