home
こんな人におすすめ
赤ら顔治療

赤ら顔とは、どういう状態でしょうか。

顔の毛細血管が広がって、血液が滞りうっ血した状態が肌表面から見てとれる状態です。

酔った顔のように見えることからか、医療機関では「酒さ」と呼ぶそうですね。

同じように顔が赤く見えても、たとえば緊張して顔が赤くなったり、肌が白いために頬が赤く見えるというのとは違います。

寒さで頬や耳が赤くなるのとも違います。いずれも、赤みが継続せず一時的な状態の場合は、赤ら顔とはいいません。

 

赤ら顔とは血管拡張。フォトフェイシャルで改善します

赤ら顔は幅広い年代の女性に発症するようです。初期は鼻や頬が少し赤くなる程度で、日焼けかな、かぶれかなと見過ごしてしまう。

そのまま良くなってしまうこともあるのですが、悪化すると鼻瘤(だんご鼻)になってしまうことも。

代表的な症状は、顔や首に繰り返し"ほてり"が見られ、ヒリヒリ感や発疹が出るというものです。

赤ら顔になる原因はハッキリわかっていないそうですが、症状としては血管拡張です。

そのため、フォトフェイシャルで治療が可能です。

 

赤ら顔になるきっかけは、多くの場合、紫外線や飲酒・寒暖の差によるの刺激など、日常生活でふつうにあることだそうです。

それだけに放置しがちで、異常を感じたときにはかなり症状が進んでいる、なんてことになりやすいのだとか。

フォトフェイシャルを利用すると肌の奥側のコンディションも整い、赤ら顔も改善でき、エイジングケアにもなります。

肌のほてりを繰り返し、頬や鼻が赤いなと感じることが多いようなら、皮膚科で相談してみるといいですね。