home
各種フォトフェイシャルについて
レーザー治療との違い

フォトフェイシャルは光を使った治療方法ですが、同じように光を使うレーザー治療との違いは、どんなことでしょうか。

レーザーと、フォトフェイシャルで利用されるIPLは、光の長さと光の照射時間が違います。

 

作用の強弱、ダメージの強弱に違いがある

レーザーには複数の種類があり、それぞれ違う波長をもっています。

波長によって、レーザーが届く深さが違うため、治療したい箇所に届くレーザーを選び、ピンポイントに当てることができます。

また、照射時間を調節できるので、深く濃いシミに長く光を当てられます。他の部分にはダメージを与えずに強力な光を当てることが出来るのです。

 

一方の、フォトフェイシャルに使われるIPLには複数の波長が含まれています。

一度に異なる症状に働きかけるので、シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ跡・赤み・ハリ感などなど、複数の悩みを同時に改善することができます。

しかし照射時間は調整することができません。ほとんどミリ秒単位の瞬間的な光です。複数の悩みにアプローチできるかわりに、強力ではなく穏やかな作用です。

 

レーザーは濃いシミなどピンポイントの治療に向いており、フォトフェイシャルに使われるIPLは広範囲のさまざまなダメージの改善に向いているということですね。

顔の肌をキレイにするために受けるなら、強い光で一箇所に作用するレーザーではなく、効き目が穏やかでさまざまな悩みに対応してくれるフォトフェイシャルを選ぶほうが良いと考えられます。